中古品リサイクル買取業種におけるの検索エンジン対策レポート

ooimg_main.jpg


yahoo google seo
ヤフー株式会社は2010年7月27日、日本における検索事業において米Googleと提携すると発表した。ヤフー同社ポータルサイト・ Yahoo!JAPANで米Googleのアルゴリズムサイト検索技術と検索広告(アドワーズ広告)を採用する。契約期間は2年で、以後、 Yahoo!JAPANが断らなければ2年延長される。グーグルは2001年から2004年にヤフーに検索エンジンのライセンスを提供してきたが、米Yahoo!が独自の検索エンジンを2004年に開 発、それを日本でも採用することが決定して、一度は終了した。今回、再びライセンスを供与し、Yahoo!JAPANでGoogleの検索エンジンが採用 される。米国でのYahoo!同様に、検索結果のUIはヤフーがコントロールし、バックエンドをGoogleが担当する。従って、自然検索結果は Googleと同等になる一方で、外観はヤフー独自のものが採用されることになる。検索"サービス"はヤフーが開発、検索"エンジン"はグーグルが担当、 という意味だ。同社の強みである、オークションやショッピング、知恵袋といった独自の編集コンテンツの結果は、Googleの検索結果に統合して表示され るようになる。一方、グーグルは日本語検索インデックスで使用するコンテンツをYahoo!JAPANから受ける。クロールで行うよりも速くインデックスして検索 結果に反映することが可能になる。検索連動型広告「スポンサードサーチ」の広告配信システムも、米Googleのシステムを採用する。同社によると、広告配信の基礎技術の提供元が変 更されるのみで、スポンサードサーチのマーケットプレース(キーワードの入札、価格)はヤフー独自のものとして維持される。名称も「スポンサードサーチ」 のままでとなる。つまり、同じアドワーズの広告配信システムながら、グーグルとヤフーは日本市場で競合関係になるということだ。広告主やキーワード入札価 格なども、両社で完全に分離されて運用される。興味関心連動型広告「インタレストマッチ」はYahoo!JAPAN独自のものであり、引き続き変更なく サービスが提供される。検索エンジンおよび検索連動型広告配信サービスの移行時期は未定とのこと。

なぜマイクロソフトではなく、グーグルを選択したか米Yahoo!と米Microsoftは2009年に検索事業提携を発表 し、Yahoo!の検索技術と広告プラットフォームをMicrosoft(BingとMS adCenter)に切り替えることを決定した。合意に基づき、北米地域では今年のホリデーシーズン前の完全移行を目指した移行手続きを開始したほか、全 世界でも2012年の完全移行を目指している。欧州や米国をはじめ、グロー バル市場においてGoogleは圧倒的な地位を築いており、これを追撃し、競争力を維持するため の決断としてYST(Yahoo! Search Technology)の事実上の放棄とBing / adCenter採用だったわけだが、ヤフーがその目の敵であるグーグルと手を組むのは奇妙に見えるかもしれない。しかしヤフーはソフトバンクが約40%の株式を保有するという資本関係の違いがあり、米国の提携内容に縛られないという事情がある(これは中国・ア リババグループも同様)。今回は、ヤフーが検索サービスのバックエンドに採用しているYSTの開発継続が望めないこと、日本市場という限られたマーケット 向けに検索技術を開発・運用していくことは難しいことから、新たな検索パートナー探しを模索した。先述の理由によりマイクロソフトを選ぶ必然性はない。そ こで日本で候補となる検索パートナーとしてマイクロソフト、グーグルが浮上する。もちろん韓国最大手のネイバーや中国最大手のバイドゥといった検索エンジンも存在するが、検索ビジネスはアルゴリズムサイト検索技術と検索広告が同 一のプラットフォーム上で動作する方が好ましいことから、両社の分離はあり得ない。候補はグーグルとマイクロソフトに限られ、そしてグーグルが選択され た。今回の決定は、ヤフーは約4,200万人の利用者がいる検索サービスを通じて広告収益を上げられればよい、検索そのものにこだわりを持っていないこ との反映であろう。利用者を維持し、今後も優れた検索サービスを提供していくのであれば、アルゴリズムサイト検索技術は将来にわたり継続的な技術革新が望 め、利用者ニーズに適うサービスを提供できるパートナーが望ましい。すると、十分に実績があり、近年は日本ローカライズ展開も加速しているグーグルが最適 と判断したのだろう。 Bingは米国リリースから1年あまり経過しての正式版移行が象徴するように、スピーディな展開が望めないことと、日本語ローカライズという観点か らも問題点が少なくない。将来化けるかもしれないBingよりも、現在ベストなグーグルを選ぶのも合理的だ。 マイクロソフトの対応は 2008年6月にGoogle とYahoo!が検索広告事業の提携を発表したものの、米政府の規制当局による、独占禁止法違反に関する懸念から最終的に断念した。日本でヤフー とグーグルが提携すると、市場の90%をGoogle1社が独占することになる。米国同様の動きを見せるだろうが、仮に認められた場合の懸念点は、検索市 場の1社寡占化、Googleの影響力が強くなりすぎる点だ。 UPDATE:ヤフーのIR資料を見ると、日本の公正取引委員会に相談しており、問題がない旨を確認しているとのこと 検索マーケティングへの影響は?まずSEOにおいては、サイト管理者にとってうれしい知らせだろう。なぜなら、最近のYahoo!検索は、 (1) rel=canonicalを指定した時の処理が適切に行われない
(2) 一般的な正規化処理が正常に行われない
(2) リダイレクト処理時の評価転送に不具合がある
(3) リダイレクト処理そのものの不具合
(4) 全般的にブラックハットな最適化手法に脆弱な検索アルゴリズム技術
(5) 明らかに検索システム側の不具合によると思われる、突然のインデックスからの消滅など、インデックスにかかわる問題(e.g. トップページが突然消滅する)
(6) インデックスが遅い。話題性の高いキーワード検索を行った際に、トピカルなページが表示されるまでの時間がGoogleと比較して数時間単位で遅れている (フレッシュネス(鮮度)の問題)
(7) 一部のキーワードにおいて順位が完全固定化されているなど、他社の検索エンジンではあまり見られない不具合が少なくない。検索技術がGoogleに変わることによって、上記の問題はいずれも解消される ため、しょうもないことに悩む時間も減りそうでうれしい限りだ。なお、Googleにおいては、巷でいう「Yahoo!SEO対策」で話題に上るような、小手先のリンク構築テクニックの多くは通用しない。手段も 選ばず、ブラックハット手法を中心に展開してきた一部のSEO業者にとってはつらいニュースかもしれない。なお、今回の発表を見る限り、関連検索ワードやキーワード入力補助関連はYahoo!JAPANが開発を継続するように読める。つまり、これらを ターゲットとした一部悪質業者によるスパム広告商品は消滅しないかもしれない。

ランキングがビジネスの成功を意味する物ではないという事

ランキングがビジネスの成功を意味する物ではないという事

  1. ランキングは絶えず変化する

検索結果はユーザーの場所(PCのIPアドレス)で変わることがある
パーソナライズ検索の影響を受ける
「ランキング = ターゲットとなるトラフィック」ではない
「ランキング = コンバージョン・売上」ではない

重要なことは、SEOの目的の履き違えです。

検索順位を上げるというのは手段であって目的ではないですよね。

SEOの最終的な目標は「サイトからの収益を増やす」ことのはずです。

モノを直接買わないにしても、問い合わせであったり、資料請求であったり、ダウンロードであったり、登録であったりと形は違いこそすれ、あなたが望むアクションを起こしてもらうためにSEOを施策しているはずです(いろんなキーワードで上位表示させることで認知度を高めるためにSEOに励んでいる人もいるかもしれませんが)。

自分でSEOをするにせよ業者に任せるにせよ、何のためにSEOに時間とお金と人手をかけているのか今一度明確にしておきましょう。

ここが分かっていないから、格安被リンク1,000本サービスなんていうのに騙されてしまうのだし、そういう業者がはびこってしまうのです。

出張買取ならリサイクルショップ大阪アールリサイクル


引っ越しの知識
 エアコンの取り外しをしているとガスが抜けている場合があるため買取価格が下がる場合があります。業者の方以外の取り外しは、お勧めいたしません。
エアコン買取回収ならここ

今回はGOOGLEアドワーズラビから引用させていただきました。
また儲かりそうにないビッグキーワードで1位を取ろうとしないでください。

月末にする事で来月が、ガラリと変わる方法があります。

まず月末という日を今月の終わると思う事です。今月中にする事特に、自分以外の他者に対してのコミットを果たす事です。そして来月の計画を立てる事です。これだけで来月がガラリとかわります。

 「単純なルールを繰り返す事で良くもなり、悪くもなります。」

自身にとって良きルールを作り繰り返す事は重要な事であります。逆に悪しきルールを作り繰り返せば近い将来においてその禍根とツケを一挙に支払うはめになります。もし少しでも予定が遅れる等であれば予定を先延ばしながらも期日だけはキッチリ一ヶ月遅らせればいいんです。様は月末という特別な一日にするだけで良きルールのい習慣付けにするその動機付けの日にする事です。

ルール作りはシンプルシンギング(簡単な五つのルール)を元に考えるといいでしょう。

http://www.recycle-seo2.com/20110419seo.html


WEBマーケティングとは検索エンジンの研究に他ならない。あくまでも顧客向けのコンテンツを持つ事は重要な要素であるが、検索にヒット(上位表示)させなければならない訳である。
 成功するWEB広告の在り方で seo対策の方法論とケース別にWEBサービス導入とコンサルについての記述があるのでぜひみていただきたい。 何年もこの仕事に従事し、仕事に携わる者でも検索エンジン対策についての知識のなさから全てのキーワードでトップ表示されていたサイトがすべて5ページ目以降に下落する傾向もある。WEBに頼るビジネスの場合は自滅に近い状況である。 そのようなことからWEB広告には、それなりの知識とスタッフが必要なものである。もし自社でそのコストを吸収できなければアウトソーシングをするのも一つである。 
 当社のサービスはIT技術に精通したスタッフが、あなたの望むビジネスのサイズにあわせたWEBマーケティングを展開するSEOの考え方とサービスを展開しています。 
 SEOの概念だけに囚われ、小手先のSEOは中身のないサイトの量産するのと同じ事であり、その行為に、対する検索エンジンからのお灸はきついものになる。健全なSEOとは検索エンジンの方向性と考え方に共鳴しWEB世界のユーザビリティの向上につとめる事がWEBの世界の共有意識としなければならないのである。ソーシャルネットワークの台頭はWEB世界にとっても健全に発展する中で検索エンジンのあり方にもいい影響をあたえる。健全な競争は健全なる発展のいい糧になっていくと考える。 是非「yahoo google seo対策ブログ」(検索top表示)か「seo対策の検証」で検索して、その事を学んでいただきたいのである。
 マーケティングとは売れる仕組みを作る事である。その逆もあり、マーケティングのないSEO対策は、釣り竿を持たずに釣り船にのってしまうような物であり、大漁という事は考え得られないということでもある。感謝と言う気持ちは全ての関係者に向けられなければならず、泥舟に乗ってあれた海で航海し沈没してしまうよりは、安全な船旅が出来る事に感謝し、困っている人にいつでも手を差し伸べれるような存在でいなければならないのであという事である。
 売れるためのキーワードとは検索結果から出てくるものが全てではない。どのような需要にもサイレントマジョリティという物が存在していることを成功するマーケッターは周知している。


千葉リサイクルショップの出張買取の責任者として考えると、ビジネスのサイズに合わないキーワードは貧乏SEOといわざる得ない。重要な事はサイトのブランド化であり、ブランド化の成功の結果は、WEB世界で主導権を握ることとなり、この事を目的化することによりSEOの方向性がきまり、ビジネスの次の展開が生まれる訳で最終的には外部的なSEOからの脱却があるのだ。ブランド化という事はそういう事なのである。その頃には検索順位の競争もなくなるのである。
 基本的なサイト構築のルール沿えば、「SEOとはSEOを卒業するために始める物である。」といえる。 



家電製品買取

 [買取拠点]

■北海道エリア
札幌 小樽市 
■東北エリア
秋田 新潟 盛岡 仙台
■北陸エリア
富山 福井 金沢
■東京エリア
リサイクル出張買取 立川千代田区中央区港区新宿区  文京区  台東区  墨田区  江東区  品川区  目黒区  大田区 世田谷区  渋谷区  中野区  杉並区  豊島区  北区  荒川区  板橋区  練馬区  足立区  葛飾区 江戸川区  八王子市  町田市 国立市 国分寺 立川市 武蔵野市 西東京 調布市 多摩市
■関東エリア
水戸市  つくば市  宇都宮市  前橋市  高崎市  伊勢崎市  太田市  さいたま市  川越市  川口市 所沢市  越谷市  草加市  春日部市  千葉市  浦安 市川  柏市横浜市  川崎市横須賀市  相模原市 小田原市  大和市  平塚市  厚木市  茅ヶ崎市  甲府市船橋
静岡市  浜松市  沼津市  富士市 焼津  名古屋市  豊田市  豊橋市  岡崎市  春日井市  一宮市  岐阜市  四日市市 津市
■北陸エリア
富山市  金沢市 福井市
■近畿エリア
大津市 京都市大阪市堺リサイクル高槻市豊中厨房機器買取 東大阪市吹田市枚方市  茨木市東大阪八尾市寝屋川市  岸和田市 神戸市姫路市  西宮市  尼崎市  明石市  加古川市  宝塚市奈良市 和歌山市
■中国エリア
岡山市  倉敷市広島市  福山市松江市  鳥取市  下関市
■四国エリア
高松市 徳島市松山市  高知市
■九州・沖縄エリア
福岡市  北九州市  久留米市  佐賀市  長崎市  佐世保市  大分市  熊本市宮崎市 都城鹿児島市 霧島市  那覇市


00item_tool.gif

bn_kottou.gif

大阪 リースアップ買取

厨房機器買取 枚方

不用品などのリサイクルショップへの買取依頼を考えておられる方は、ぜひとも不用品買取センターへご連絡ください。家電製品、オフィス機器、厨房器具、店舗用品、オーディオ機器、ブランド品、貴金属、家具、遺品、楽器など、あらゆる商品を高価買取させていただきます。

top_chubo.jpg

新製品の導入に伴う古い厨房機器の処分にお困りのお客様や、移転、閉店、リフォームなどに伴い不用になった業務用厨房機器や店舗什器などがございましたら是非ご相談ください。お見積もりは無料となっております。不用品の買取・処分の事ならリサイクルショップ全国不用品買取センターにお任せください